アディティブ・マニュファクチャリング, 3Dプリント

アディティブ・マニュファクチャリングは、構造データから完全に機能する物体への直接変換を可能にする。3Dプリントを介して、砂・ガラス・金属・プラスティックからなる物体が、完成品の形状に達するまで層毎に構築される。
 
多くの場合、これらの物体はプリント後に加熱処理される必要がある。Naberthermは、生強度の保持の ための結合剤の硬化から真空炉にいたるまでのソリューションを提供しており、ここでは金属性物体が焼結・浸透され続いて焼き戻しされる。
 
アディティブ・マニュファクチャリングによる製品の好例として、精密鋳造における少量生産タイプの金型があげられる。精密鋳造のためにもNaberthermは、製造された金型の鋳造前予熱加工及び引き続く金型のワックス溶解のためのソリューションも提供。

Download PDF